ブレーキ工房 K-CRAFT

オリジナルブレーキキット・オーバーホール

*

「 STAFF BLOG 」 一覧

2年ぶりの再会。

2年前にスカイラインER34ターボ用キャリパーをNA車に移植されたG様が、来店されました。
リアパッドもフロントと同じ銘柄に交換希望とのことです。毎度、ごひいきにありがとうございます。
フロントのキャリパーにも目をやると、まだまだ艶感たっぷりで安心いたしました。
きれいにしていただき、感謝の気持ちでいっぱいです。ありがとうございます。
パッドは、明日入荷いたします。

公開日:

ポリッシング中

コツン修理分の組み付けが、終わり最終のポリッシング仕上げ中です。
納期の明日発送までに何とか間に合いそうです。

公開日:

修理とリメイク

ホイール脱着時のキャリパーコツン修理車が、入庫いたしました。
大阪よりお運びいただきまことにありがとうございます。
今回は、オーナー様と相談し、気分転換でキャンディーブルーに塗り替えることに決定。
明日から、早速取り掛かりますので、1週間お待ちくださいませ。

公開日:

全力を尽くしてます。

有名なチューニングSHOP様より依頼を受けました、スカイラインGT-R BCNR33のキャリパーです。
毎度、お世話になります。
OH、BNR34カラーに塗り替え依頼分→超特急仕上げ分です。
ようやく、塗装が落ち着きましたので、これから乾燥庫へ入れますので火曜日には、組み付け発送させていただきます。
しばし、お時間を・・・・・・

公開日:

セルシオ20キャリパー完成!

通販でご依頼いただいたセルシオUCF20のOH,整形、ペイント交換プランが、完成いたしました。
交換プランとは、当方在庫のキャリパーで先に仕上げて発送させていただき。交換後に現在のキャリパーを
返送いただくプランです。地元で日帰り装着が、可能ですので大人気のプランです。

このオーナー様は、大人気のキャンディーレッドで、オーダーいただきました。
直射日光やネオンでギラリと輝きを放ちますので、きれいですよ!
残念なことに自分では、見れないですけどね・・・

それでは、明日に発送させていただきます。

公開日:

オデッセイRA6の整形完成

先のブログで紹介させていただきました、オデッセイのリアキャリパーのOH,整形、塗装が、完成いたしました。
オーナー様、後数日の乾燥後にフロント分と合わせて出荷させていただきますので、今しばらくお待ちくださいませ。

公開日:

アテンザ引渡し

アテンザのキャリパー、ローターが、組み上がりました。
オーナー様は、ブレーキを踏むたびにリアからのブレーキ鳴きが、気になっておりましたが、すっきり消えており
満足されて一安心といったところです。
原因は、段付が、出来たローターは、そのままにパッドを新調。
ところが、パッドの精度の違いから、パッド摩材面が段付部分にのっかかっていたことから発生していたようであり、研磨する事により、すっきりと消えました。

【フロント】

【リア】

【サイドビュー】

この度は、まことにありがとうございました。

公開日:

アテンザカスタムブレーキ完成

先にご紹介させていただいた、アテンザのキャリパー、ローターのカスタマイズも無地に完了しました。
整形を施したことで、非常にスムーズなラインとなり、ブラックの美しさが一段と引き立つようになりましね。
又、錆だらけのローターも完全にリフレッシュし、ドリルド&スリット加工で、パフォーマンスも大幅にアップ。
合わせるパッドは、当店お勧めのグランspec-Cで決まりです。

付録・・オーナー様のご要望で、青いバルブキャップも赤に変身、ワイドトレッドスペーサーも、勿論 赤。

明日にいよいよ取り付けとなります。

公開日:

アウディ S5

本日は、ちょっぴり変わったキャリパーが、到着しましたのでご紹介いたします。
アウディ S5に付いているキャリパーだそうです。

パッドもローターもデカイ!

めちゃくちゃカッコよくなる予感。しかしまだまだ帰れそうにありません。
最近、コツンの修理が多く気が滅入ってます。

公開日:

★養生するよう注意喚起してみよう。

私達の住む瀬戸内地方は、梅も、ウグイスも元気いっぱいで、後は、イカナゴ漁の解禁を待って一気に本格的な
春の到来となります。
しかしながら、暖かくなるにつれ画像のような、キャリパーの修理依頼が多く入るようになります。
それは、スタッドレスから普通タイヤに脱着作業をする際にホイールとキャリパーをヒットさせた
ために起こります。
こうゆうような事故は、時間とお金のロスは、勿論のことで行きつけのタイヤ屋さんや整備工場さんとの
人間関係までも影響しますので、お互いに非常に気まずい雰囲気になるのは、容易に想像できます。
少し勇気は、いるかも知れませんが、お互いのためにも、一言、『当てないように、キャリパーにエアキャップやウエス等で養生してからお願いします。』と声をかけてみませんか。

私だって、宅急便で届いた箱を開けとたん傷だらけのキャリパーを見るのは、非常に胸が痛みますから。

上記画像分は、レクサス店での交換作業時のものでは、ございませんのでお間違いなく。

公開日: