ブレーキ工房 K-CRAFT

オリジナルブレーキキット・オーバーホール

*

シビックEK9にHCR32キャリパー装着予定(キャリパーOH,整形、塗装)

      2020/03/29

こんにちは、店長の林です。
新型コロナで、自宅待機されている皆さん、見ていただいてますか?
店長は、高校生の時にコロナではなく、ベレットで通学が見つかって、自宅待機させられましたよ!

時代を先取りしていた店長のでした・・ 反省。

さて、今日の・・ 数カ月前の作業紹介ですが、下記のキャリパーをお持ち込みくださいました。

オーナー様
岡山県 〇〇様
車両・・EK9シビック

依頼品
F・・ブラケットを装着出来るよう加工済み HCR32キャリパー
R・・EK9純正キャリパー

 

 

 

 

 

 

ピストンを抜いて、まずはウェットブラストにて汚れを除去します。

 

 

 

 

 

 

 

残った残留ガラスビーズは、超音波洗浄機で除去します。

 

 

 

 

 


画像のようにすっきり綺麗になりました。

 

 

 

 


フロントの文字面を綺麗なアールを出すために作業ツールを使用して手作業で研磨、その後に
塗料の密着度を上げるためにブラストにて、肌をざらざらにします。
あれやこれやと作業をすすめて、サーフェイサーまで、完成。

 

 

 

 


下記のようにピストンも凹み部分の錆を除去して、エポキシ錆止めプライマー+ガンコート(チタニウムカラー)を
施し200℃近くの温度で焼き上げます。
密着度もさることながら、あらゆる溶剤に耐える優れものです。

 

 

 

 

 

 

愛情たっぷりにペイント後にマスキングを剥がしていきます。

 

 

 

 

 

リアのパーキングブレーキ関連の外装パーツもユニクロメッキやクロメートメッキが、施されてますが、
サンドブラストにて、これから素地に戻します。

 

 

 

 

 

 

ガンコートにて塗り分け、高温乾燥が終わったパーツ達です。

快感!

 

 

 

いよいよ役者は、揃ったので、新品シールKITにて組付け開始。

 

 

 

 

 

Rキャリパーも組付け開始。

 

 

 

全てすっきり仕上がりましたので、記念撮影!

 

 

 

 

 

【Fキャリパーアップ】
表面の薄く盛り上がっているSUMITOMOロゴも切削してツルピカに仕上がりました。

是非画像をクリックして大きな画像で、ご覧下さいませ。


 

 

 

 

 

 

 

ウェットブラストで、ショートパーツもスッキリ。
パッドピンは、クロメートメッキを施したものがございましたので、交換させていただきました。

 

 

 

 

 

 

リアのキャリパーも綺麗なアールで仕上がりましたよ。

 

 

アームのパッド当たり面もすごくさび付いていましたので、ブラスト後に
ガンコート200℃で仕上げてから、再度マスキングからキャリパーペイントしました。
時間+労力+電気代のコストが、すごいことに。たったこれだけの面積ですが・・・

こだわりますよ私は~!

こだわりますよ私は~!

こだわりますよ私は~!

数日が、そんなこと言ったっけ・・

 

 

 

 


 - STAFF BLOG